手帳・文具

手帳まわりの近況 vol.2

さて、昨日の続きを書きたいと思います。
メインの手帳以外の手帳について、です。
まずは昨日解禁したスマイソン!

今年からの新色、キャンディピンクです。サイズは一番小さいWafer。
もともと、引き寄せノートとして使おうと考えていましたが、もうちょっと書くことを広げて、「いいな」と感じたこともメモしていこうと思います。
カランダッシュの青ボールペンで書くつもりでしたが、最初の日は万年筆にしました。ペンは特に固定せず、遊んでいきたいと思います。見返してワクワクするような手帳になると良いな。

続いて、サブの中でも持ち歩きの頻度が高いイルビゾンテのミニ6。
お気に入りのポストカードでディバイダーをつくってみました。かわいい。
長期的に残しておきたいメモを挟んだり、お出かけ日記を書いて遊んでいます。

アシュフォードのセクションリーフは、何か一つのテーマについて書くのにちょうど良いです。

スマイソン、イルビゾンテのミニ6、そしてハイタイドのスクエアバーチカルの3冊をマリメッコのがま口ポーチに入れています。ちょうどぴったりくらいで、これ以上は入らないかな(笑)

ハイタイドのスクエアバーチカルは、カバーなしの中身だけを購入。

表紙がシンプルな白なので、ステッカーを貼ったりして遊べます。
こちらは10月始まりなので、すでに使い始めています。
書いていることは、子どものことです。子どもの成長記録、面白かった言動、行った場所をメモしています。読み返すと楽しいです♡

ハイタイドのスクエアバーチカルは、朝昼夕で三つの枠に分かれています。書くときは、この朝昼夕で子どもたちの様子を思い出しながら書きます。
三つの時間帯の境目の点線が薄いので、枠を無視して書くことも可能です。点線の上から書くこともあります。ペンはシグノの0.28を主に使用。少し大きめの字で書くようにしています。(能率手帳と比べて大きめ、というくらい。)
この手帳は、実は大学生の頃から(毎年ではありませんが)愛用していて、これ一冊で過ごしていたこともあるくらいお気に入りです。
カバー付きのものも売っていて、今年はこの3タイプのようです。色のバリエーションもあります。




今回で手帳まわりの近況記事は完結するかな、と思っていましたが、ちょっと他にも数冊あるので明日も続けます(笑)
明日はMDノートやメモ帳について書こうかな。

一体いま、何冊の手帳やノートを使っているんだろう。
明日の記事を書き終えたら、判明するかもしれません。

それでは、また明日。

手帳まわりの近況 vol.2”への1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください